社員採用面接で職歴調査をする両備ホールディングス 運転手がスマホ

広島県内でも事業を展開する岡山の中堅企業が問題を起こしている。この会社は採用時に変わった事をするようだ。11月8日、岡山県を中心にバスやタクシー事業を展開する両備ホールディングス(本社・岡山市北区)は、男性運転手(42)が貸し切りバスの運転席でスマートフォンを操作していたと発表した。社内規則に違反したとして同社ホームページに「おわび」を掲載した。

同社では別の男性運転手(41)が大阪府内で観光バスを回送運転中、スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO」をしていたことがインターネット動画サイトへの投稿で発覚。運転手に行為の確認がとれた10月31日以降、運転席への携帯電話の持ち込みを全社で禁じていた。

同社によると、今回スマホを操作していた運転手は両備バスカンパニー観光部岡山営業所に所属。11月6日午後、住宅見学の貸し切りバスを運転し、岡山市北区郊外で乗客を降ろして路上待機中、運転席で操作していた。後続車を運転していた市民からの通報で発覚した。同社は「再度、世間の皆様に不信感を与えてしまった」とし、厳正な処分を行うとしている。(産経)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告