マツダが処分内容を明らかにしない社員寮強盗殺人犯

16年9月にマツダの社員寮で起きた強盗殺人事件の被告が、別の同僚から現金を盗んだ疑いで再逮捕された。マツダの元社員上川傑被告(20)は15年7月7日、当時同僚だった男性(22)と同区青崎1丁目のコンビニに行った際、男性の車の中から現金5万円を盗んだ疑い。上川被告は16年9月、社員寮で菅野恭平(19)さんの頭を消火器で殴るなどして殺害し現金およそ120万円などを奪った強盗殺人の罪ですでに起訴されている。警察によると強盗殺人事件の捜査中に被害男性から届け出があったという。上川被告は「そのような事実はありました」と容疑を認めている。マツダは上川容疑者の詳しい処分内容について明らかにしていないという。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL