サカスタ建設候補地「広島中央公園」地元自治会全員反対

サッカースタジアムの第3の建設候補地に広島市中区の中央公園広場が挙がっていることを受け、地元の自治会の代表者らが11月6日夜、会合を開き、建設に反対する方針を決めたという。

中央公園に隣接する基町地区の自治会長ら20人が出席した会合は、およそ1時間半非公開で行われた。中央公園広場へのスタジアム建設について賛否を確認したところ、出席者全員が建設に反対したという。

反対の理由としては、学校のそばにバスが乗り入れるといった交通の問題を不安視する声や、中央公園の防災拠点としての役割の重要性を指摘する意見があったという。基町地区では今後、住民からの意見を吸い上げた上で、広島市に質問状を提出したいとしている。

広島市は、「今後も丁寧に説明し、住民のいろいろな意見を聞いていきたい」としている。(RCC)




広島中央公園


関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL