広島県立庄原特別支援学校教諭が飲酒運転で逮捕

11月6日、広島県警庄原署は道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、県立庄原特別支援学校教諭の笹尾清治容疑者(57)=同県庄原市東城町川西=を現行犯逮捕した。逮捕容疑は同日午前7時50分ごろ、自宅近くの市道で酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとしている。庄原署によると、パトロール中だった署員が職務質問し、呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出された。「酒を飲んで運転していた」と容疑を認めている。(産経)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL