広島カープ41年ぶり優勝パレード 平和大通りに31万3000人が詰めかける

11月5日、25年ぶりのリーグ優勝を達成した広島カープが、広島市内の平和大通りで優勝パレードを行った。広島の優勝パレードは初優勝した1975年(昭和50年)以来、実に41年ぶり2度目となる。選手や首脳陣が、オープンカー4台と、オープンデッキのバス5台に分乗。スタート地点の西観音電停東交差点付近を出発した。沿道にはあふれんばかりの人、人、人でごった返した。

ホームスタジアムが旧市民球場から、「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島」に移転して初のリーグ優勝で、41年前と同じように、市内の中心部にある平和大通りを進んだ。初優勝時には約30万人のファンが詰め掛け、多くの人が歓喜し、涙した。当時の広島市の人口は85万人前後といわれ、「伝説のパレード」として人々の記憶に残っている。以降5度のリーグ優勝時に実施はなく、伝説復活となった。(デイリースポーツ)


時速5キロは早い?

テレビでは、オープンバスは時速5キロで走ると解説していたが、広島テレビの実況アナウンサーなどが、目の前を通り過ぎていく選手が、あっという間だったと。ちょっと早すぎると言っていた。また、普段は閑散として寂し~い東平塚町地区にも大勢の人が詰めかけて驚かされた。



カープパレード1


カープパレード3



関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL