アメリカが実施した臨界前核実験への抗議文に対して親切なお手紙が届く

去年、臨界前核実験を実施したアメリカのオバマ政権に対して広島市が抗議文を送り付け、それに対する返答の文書が届いた。文書は、東京にあるアメリカ大使館の公使の名前で書かれており、「臨界前核実験はオバマ大統領がプラハ演説で述べた内容に沿ったものだ」「大統領は核兵器の安全性や有効性を維持する必要があると述べている」と指摘している。世界に核兵器が存在する限りアメリカは核抑止力を持ち続けるという、これまでの方針を鮮明にした内容となっている。(RCC)


【関連記事】
・核兵器を廃絶しないアメリカ、そして核より恐ろしいもの
・今回のアメリカ・オバマ政権での臨界前核実験で広島市民はどこへ行く

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL