カープ第3戦でミスしなければ4連勝もあった サンデーモーニング里崎氏

10月30日のサンデーモーニングで野球解説者の里崎智也氏がゲスト出演し、張本氏と日本シリーズの内容についてコメントしていた。勝った栗山監督については、短期決戦に向けて選手をどんどん変えていったが、緒方監督は従来型ペナントレース通りの戦いをしていたという。

さらに広島カープが2連勝しながら第3戦から負け続けた原因として、10月25日に行われた第3戦で潮目が変わったという。この試合で日本ハムの中田選手が8回にレフト前に打った打球をカープの松山選手が取り損ねた。8回で2-1でカープが勝っていたから守備固めをしておかなければならなかった。

この潮目が変わった問題のシーンについては中国新聞でも取り上げられていた。

里崎氏は「もし取っていれはカープは4連勝していただろう」と言っていた。




広島カープ対日本ハム 第3線 中田~松山エラー
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL