廿日市市団体職員殺害事件で元新聞配達員に懲役18年の判決

15年9月、知人の女性の首を絞めて殺害したなどとして殺人と死体遺棄の罪に問われている広島市の元新聞配達員の男に対し広島地方裁判所は「被害者に殺害を依頼されたなどと不合理な弁解をし、罪に向き合って真摯に反省しているとは言えない」などとして懲役18年の判決を言い渡した。

広島市南区の元新聞配達員北野吉和被告(53)は15年9月、知人で廿日市市の団体職員、青森利香さん(46)の首をひもで絞めて殺害し、遺体を自宅の浴室に遺棄したとして殺人と死体遺棄の罪に問われた。

裁判で、検察は懲役20年を求刑したのに対し、北野被告側は、「被害者に頼まれて殺害した」などと主張し、嘱託殺人罪にあたるとして懲役3年を求めていた。

10月27日の判決で広島地方裁判所の丹羽芳徳裁判長は「被害者は今後も普通に生き続けることを前提とした行動をとっていて、被告に殺害を依頼した事実はなかったと認められる」と指摘した。その上で「自分の罪に向き合って真摯に反省しているとは言えない」として懲役18年を言い渡した。判決について弁護士は「被告と話し合い、控訴するか検討したい」としている。(NHK広島)
 


南区青崎死体遺棄

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL