広島カープ 敵地札幌ドームで3連敗

日本シリーズ第5戦(札幌ドーム)は日本ハム5-1広島で、広島カープは敵地3連敗となった。ジョンソン投手が6回まで好投したが、なぜか緒方監督は勝利の方程式にこだわって、7回は今村投手に交代させたが同点に追いつかれ、その後、8回に交代したジャクソン投手は何とか抑えたが、9回に交代して投げた中崎投手は連日の連投で疲れていたのか、9回2死一、三塁で初球が、日本ハム岡選手に直撃。岡選手がエキサイトして一瞬、中崎投手へ詰め寄ると、両軍ベンチから選手が飛び出した。日本ハムの中田選手が帽子を取って謝れなどのジェスチャーをするなど、激高していた。グランド内は双方が入り乱れる前に収まったが、場内は騒然となった。

中崎投手はデッドボールで動揺したのか、直後の2死満塁から西川選手がサヨナラ満塁本塁打を放ち、広島東洋カープは「三タテ」を食らい、敵地・札幌ドームで1勝もすることが出来なかった。 




広島カープ 日本ハム デッドボール

広島カープ 日本ハム 満塁ホームラン

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL