横川で他人のスロットICカードを使用した消防士

広島市消防局の消防士が9月、広島市内のパチンコ店でスロットマシーンに使うICカードを盗んだ窃盗の疑いで、10月24日逮捕された。窃盗の疑いで逮捕されたのは、広島市消防局安佐南消防署の消防士・澄川大輔容疑者(21)。調べによると、澄川容疑者は9月3日、広島市西区横川のパチンコ店で客がスロットマシーンの台からICカードを取り忘れて離れたすきにその席に座った。そしてICカードに残っていた6000円分をすべて使い切った疑いが持たれている。店内や駐車場に設置された防犯カメラの映像などから澄川容疑者が浮上し、逮捕に至った。警察の調べに対し澄川容疑者は「間違いありません」と容疑を認めている。広島市消防局は「速やかに事実関係を把握し厳正に対処したい」とコメントしている。(TSS)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL