呉の暴力潜水艦内で自殺未遂で寝たきり状態 母親が上官2人を提訴

海上自衛隊呉基地(呉市)に停泊中の潜水艦で男性2尉が拳銃自殺を図ったのは、上官の暴力が原因で、その後の介護などで精神的苦痛を受けたとして、男性の両親が当時の上官2人に計450万円の慰謝料の支払いを求めて山口地裁に提訴した。7月19日付け。

訴状などによると、2011年7月、潜水艦で勤務していた宇部市の坂倉正紀さん(42)は、当時の上官から暴力を受け、精神状態が不安定になった。別の潜水艦に配属後の13年6月以降、さらに別の上官から繰り返し暴力を受け、うつ病を発症。同年9月、同基地に停泊中の潜水艦内で拳銃自殺を図り、現在も寝たきりの状態が続くという。

このため母親が介護に追われ、上官2人から謝罪がないなど精神的苦痛を受けたとしている。海上自衛隊呉地方総監部は「個人に対する訴訟なので詳細は把握していない。コメントも差し控える」としている。

両親は現在、自殺未遂は上官のいじめが原因で、監督する立場の艦長たちの安全配慮義務違反があったなどとして国に3500万円の損害賠償を求め、同地裁で係争している。(中国)


呉の潜水艦内自殺未遂事件で上官の暴力が一因と認定

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL