JR山陽本線「宮島口駅」構内で飛び込み自殺

10月17日夜、JR山陽本線・宮島口駅で電車と接触した男性が死亡する事故があった。17日午後7時40分ごろ、廿日市市のJR山陽本線宮島口駅の構内で岩国行きの電車が男性と接触した。接触したのは廿日市に住む30代の男性とみられ、その場で死亡が確認された。乗客にケガ人はいなかった。この事故のため、五日市ー岩国駅間で8本が運休、最大120分の遅れが生じ、約8400人に影響が出た。運転手は事故直前に「左側から人が入ってきた」と話しているという。(HOME)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL