広電宮島線の電車が線路内にいた男と衝突

10月3日夜、広島電鉄の電車が線路内にいた男性と衝突し、死亡する事故があった。3日午後11時50分ごろ、佐伯区楽々園の広島電鉄宮島線の下りで、宮島口行きの電車が線路内にいた男性(74)と接触した。男性は全身を強く打ち、その場で死亡が確認された。現場は踏切のない場所で、運転手は「線路内にうつぶせに横たわる人がいた」と話しているという。広島電鉄は、この電車を含む下り3本が運休となり、乗客およそ120人に影響が出た。男性からはアルコールが検出されていて、警察は男性が誤って線路内に立ち入ったものとみて事故の原因を調べている。(HOME)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL