中国自動車道三次IC近くで2人が首や胸の骨を折る自動車事故発生

10月3日夜、中国自動車道で車5台が絡む事故があった。4人がけがをし、そのうち2人が首の骨などを折る重傷。事故があったのは中国自動車道下り線三次ICから西におよそ4キロの地点。

警察によると3日午後7時20分ころ、33歳の男性の運転する乗用車が進行方向左側のガードレールに衝突し、横向きに停止。後続の4台が次々に、止まっていた車やガードレールに衝突した。この事故で4人がけがをした。

このうち、後続の3台目の乗用車が最初に事故を起こして横向きに停止していた乗用車に衝突し助手席と後部座席の男性2人が首や胸の骨を折るなどの重傷。

事故の影響で中国自動車道下り線は三次ICと高田ICの間でおよそ時間通行止めになった。警察は最初に事故を起こした33歳の男性に事情を聞くなどして事故の原因を詳しく調べている。(RCC)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL