パチンコ店コーヒー販売員派遣会社が2600万円脱税

広島地検は10月3日までに消費税など約2600万円を脱税したとしてパチンコ店にコーヒーの女性販売員を派遣する「グローバル」(広島市安佐南区)社長反田正彦容疑者(45)=広島市東区=を消費税法違反と地方税法違反の疑いで逮捕した。

調べでは、反田容疑者は2014年11月期の3年間、コーヒー販売員の給与を架空の会社への外注費と装い、消費税と地方税の計約2600万円を脱税した疑い。地検は反田容疑者の認否を明らかにしていない。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL