広島平和記念公園が全面禁煙 違反者には1000円徴収

広島市議会は9月30日、同市中区の「平和記念公園」を平成30年4月から全面禁煙とする改正条例を賛成多数で可決した。違反すれば千円の過料を徴収する。市は公園の灰皿と原爆資料館近くの喫煙ブースの撤去を進める。各会派の議員8人が、平和公園は「慰霊と世界平和を祈念するための聖地」とし、外国人観光客や修学旅行生が多く訪れることから「全面禁煙とする必要がある」と指摘。公園内で喫煙できないよう条例改正を提案した。長崎市によると、同市の平和公園は全面禁煙としている。(産経)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL