徳島から逃げてきた飲食店店員を監禁した徳島5人衆を逮捕

広島中央署は9月28日午前6時45分ごろ、いずれも自称の徳島市鷹匠町、飲食店経営の佐藤幸司容疑者(41)ら5人を監禁の疑いで現行犯逮捕した。調べでは5人は共謀、広島市中区流川町の路上で同市の飲食店従業員男性(23)の胸ぐらをつかむなどしてライトバンに押し込み、同区八丁堀まで約15分間、車内に監禁した疑い。男性と一緒にいた知人男性が110番し、県警自動車警ら隊が車を発見した。佐藤容疑者は「監禁したつもりはない」と容疑を否認している。

男性は以前、佐藤容疑者が経営する徳島県内の飲食店に勤務。同署は金銭トラブルがあったとみている。その他の逮捕者は、徳島県小松島市日開野町、塗装作業員麻植恭範(36)、徳島市春日3丁目、同佐藤良二(35)、同2丁目、同丹波祐一(28)、同市名東町3丁目、飲食店店員松崎香奈(24)。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL