東広島で火事 焼け跡から子ども2人の遺体が見つかる

9月22日夜、東広島市で住宅1棟が全焼し、焼け跡から2人が遺体で見つかった。警察はこの住宅に住む5歳の長女と8カ月の三男の行方がわからなくなっていることから、遺体はこの2人ではないかと見ている。

22日午後10時ごろ、東広島市八本松町飯田の松井要さん(42)の住宅が「2階の屋根まで燃えている」と近くに住む人から消防に通報があった。消防車4台が出て、消火活動に当たった結果、火はおよそ3時間後に消し止められたが、木造2階建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡から2人が遺体で見つかった。

警察によると松井さんは7人家族で、出火当時は、松井さんをのぞく29歳の妻と子ども5人のあわせて6人が家にいて妻はのどにやけどを負って病院に運ばれ、手当を受けた。

現場はJR山陽線の八本松駅から北東におよそ600メートル離れた住宅や水田が点在する地域で、警察と消防では23日朝から現場に出て火災の原因を詳しく調べることにしている。

近所に住む女性は「花火をあげたような『ドンドン』という大きな音がした。窓から火が吹いて、屋根が落ちるのもわかった。すごく怖かった」と話していた。(NHK広島)


火に包まれた民家から子供の泣き叫ぶ声

近くに住む男性(68)は「火に包まれた中から子供が泣き叫んでいた。しばらくして泣き止んだので助かったと信じたかったが…」と無念さをにじませた。住民によると、一家は昨年夏に引っ越してきたという。庭先で水遊びをしたり元気に駆け回る姿などがみられた。近所の主婦(72)は「なごまされていたのに、本当に残念だ」と話していた。(産経)





八本松町飯田 火事
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL