マツダスタジアムで16歳が国家独唱!反日の丸・君が代左翼がぶち切れ状態!?

アイドルネッサンスの石野理子が、9月22日に広島・マツダスタジアムにて開催される「広島東洋カープ 対 阪神タイガース戦」の国歌独唱を行うという。石野理子とは広島県出身で西暦2000年生まれで現在16歳だという。

 
彼女はPerfumeやBABYMETALのSU-METAL、乃木坂46の中元日芽香、元モーニング娘の鞘師里保など数々のトップアーティストを輩出してきたアクターズスクール広島出身だという。

動画サイトには、スクール時代の映像が現在も残っており、当時まだ中学生とは思えない伸びやかな歌声を聴くことができるという。

彼女が国歌独唱者に選ばれた理由の一つに「広島愛」も挙げられるという。彼女は、グループの活動が多忙な現在も広島在住であり、ほぼ毎週末広島と東京を行き来しているという。

それ故に広島でのワンマンライブを強く希望しており、グループが初めて広島でライブを開催した際には、広島出身の先輩バンド ユニコーンの「PTA~光のネットワーク~」にて気合いの入ったパフォーマンスを見せつけていたという。

マツダスタジアムは、総収容人員33,000人を誇る球場。石野が独唱する22日、対阪神戦のチケットは発表の際にはすでにソールドアウトしており、当日ほとんどの観客が石野を知らない“アウェイ”の場らしい。

しかし、逆に考えればそれだけの数の観客を歌声で魅了することも可能だという。国歌である「君が代」は約1分弱ととても短いが、石野の伸びのある歌声が存分に活かされる曲でもあるという。

アイドルネッサンスは、11月6日にZepp DiverCity TOKYOにて4thワンマンライブを行うという。
(リアルサウンド)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL