愛をもって送る「広島ぎらい」週刊ポスト

カープが25年ぶりに優勝し、有頂天になっている広島県民に対して“モノ申したい”と週刊ポストが「祝!カープ優勝 愛をもって送る 広島ぎらい」という特集記事を出した。なかなかユニークな内容だったから、引用しておきたい。


球場を赤く染める「カープ民族」の大移動が他球団の脅威

昔は敵地の場合、球場のトイレで地味に着替えていたが、今は大阪や東京でも堂々とユニフォームを着て電車で球場に来る。長年Bクラスをともにしてきた横浜ベイスターズの50代男性ファンは「負ける辛さを知っているはずなのに、他球団に遠慮がなさすぎる」と言う。さらに「球場で機嫌が悪くなると、それまで標準語だったのに、ケンカ腰の広島弁で凄んでくるのもやめてほしい」と言う。

ヤクルトファンの50代男性は、神宮が「第2のホームグラウンド」だと勘違いしているという。さらに「今年の神宮は1塁側まで真っ赤に染まり、完全にカープのユニフォームだった。弱い頃はコソコソしていたのに、ここ数年で急激にわがもの顔で騒ぐようになった彼らに、いらだちを覚えます」と言う。

しかし、東京ドームにおける、対戦チーム毎の平均観客動員数は広島戦がトップで、地元のヤクルトや永遠のライバルである阪神より多い。

「広島人あるある」の著者でノンフィクションライターの幸部辰哉氏は、「広島ファンは阪神より巨人が嫌い」と指摘する。

「カープファンは“カネに物を言わせて選手を買い漁る”と巨人を心底憎んでいます。タイガースにFAで移籍したのは許せても、ジャイアンツは許せない。だから巨人を負かすところが見たい、とドームにも多くのファンが熱心に乗り込んでくるんです」

こうした気質は、広島県出身者も認めるところだ。40代男性は「確かに広島県人は地元愛が強く、周りが見えなくなる傾向がある。しかもお祭り好きで喧嘩っ早いので、徒党を組んで口悪く、大騒ぎしてしまう」と言う。


中国地方一の優越感

広島は中国地方一の大都市のためか、近隣県民からは広島は周囲を見下しているという。また、山口県の岩国市は広島の「属国」だと思っている県民は多い。

山口県には好意を持つが、中国地方で政令都市があるのは広島市以外に岡山市があるため、ライバル意識のためか岡山のことは好きになれない。


広大卒はエリート

広島大学は広島ではエリートで、地元民からは東大・京大の次は広大という羡望の眼差しを浴びる。

広大に入ることが最大の親孝行。

しかし、2010年にはフロッピーディスク改ざんで逮捕された広大卒の大阪地検特捜部主任検事(当時)が夕刊紙に「三流大卒」と書かれ、県民は衝撃を受けた。

県内の銀行に勤務する20代男性が言う。「同期入社の男が、初対面で『オレは広大だ』と自慢してきたので意味がわからず、『え、どこ?』と聞き返したら愕然としていた」

アンガールズの田中卓志は広島大学工学部卒。東京では、すっかり”気持ち悪いキャラ”のイメージが定着したが、広島に帰るとまだまだ人気で尊敬されているという。


ここまで“中華思想”を持てるのは、歴史に誇りを持っているからだ。

映画のロケ地の舞台になったことを他県民に自慢したり、家電量販店はヤマダ電機よりも地元のデオデオ(12年にエディオンに改名)、お好み焼きを「広島風」と呼ぶことは断じて許さない・・・などなど話題は尽きない。


しかし、よく考えてみると、日本全国を見渡してみても、これだけ話題性のある地方都市はないのだ。広島は良くも悪くも突き進むしかない。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL