広島県警の違法捜査で苦痛を受けた女性が県を提訴

2012年に麻薬取締法違反容疑で逮捕され、広島地裁で無罪判決を受けた広島市内の40代の女性が、広島県警の違法な捜査で精神的、身体的な苦痛を受けたとして、広島県に約2200万円の損害賠償を求める訴訟を同地裁に起こしたという。

訴状などによると、2012年10月、広島市内で警察官4人が女性に職務質問し、所持品を見せるよう求めた。女性がかまわずトイレに向かおうとしたところ、警察官は女性のズボンのポケットに手を入れたり、バッグを取り上げて中身を確認したりした。

その際、警察官が合成麻薬「MDPV」を含む粉末を見つけ、女性は逮捕されたが、広島地裁は13年6月、令状に基づかない違法捜査で「職務質問に付随する所持品検査として許容できない」と判断。「バッグに触れていない」などとした県警側の主張を否定し、無罪を言い渡した。

女性の代理人弁護士は「強引で違法な手段で得た証拠に基づいて逮捕され、無罪判決まで247日間に及ぶ身体的な拘束を受けた。その間、子どもとも、離れ離れになった」とする。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL