福山の芦田川に子どもが落ちて死亡

9月11日午前、福山市にある河川敷で一斉清掃に参加していた7歳の男の子が川底に沈んでいるのが発見され、死亡が確認された。警察によると、11日午前8時ごろ、子ども会のイベントで福山市芦田川の河川敷の一斉清掃に家族と一緒に来ていた小学1年生の鈴木寿磨君が清掃の準備中に姿が見えなくなったという。関係者が付近を探したところ、父親が護岸からおよそ3メートルくらいのところで沈んでいる寿磨君を見つけた。寿磨君は搬送先の病院で死亡が確認された。父親らは一斉清掃の準備中で寿磨君は当時一人だったと見られており、警察は寿磨君が川に落ちた経緯を調べている。(TSS)




芦田川

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL