【広島カープ】セ・リーグ優勝!大野・小早川の解説も絶妙だった

9月10日、東京ドームで行われた広島対巨人は6対4で広島カープが逆転勝ちし、25年ぶり7度目のセ・リーグ優勝を果たした。今日は一昨日に放送された広島テレビの内容とは打って変わって、NHKがこの試合を4時間に渡って中継し放送した。解説には1991年(25年前)に優勝を経験した小早川氏と大野氏が出ていた。しかし、そこで大変な事に気づいた。


一昨日は、マツダスタジアムで中日と対戦したが、問題は解説者だった。そこには往年のプレイヤーもいたが、よく分からない人たちもベラベラしゃべっていた。その内容はと言うと、とても聞けたものではなかった。なぜそう思うかと言えば、今日の小早川氏と大野氏の野球解説が、ずば抜けて的確で絶妙だった。一昨日と比べて何と分かり易いのだろうと感心した。




小早川・大野
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL