「カープ観戦チケット」S席指定4100円が20万円に

プロ野球・広島東洋カープの25年ぶりのリーグ優勝が目前に迫り、観戦チケットの入手が困難な状況が続いているという。今季のチケットは既に完売し、インターネットで破格な値段が付いているという。

9月初旬のネットオークションでは、優勝の瞬間をその目で見たいと、7〜9日の本拠地・マツダスタジアムでの3連戦のチケットが高額化した。内野自由席(1700円)が20倍近い3万円で扱われ、S指定席(4100円)が20万円の高値をつけるケースもあった。

中区銀山町の金券ショップ、ヒスイ銀山町本店によると、今年はチケットがほとんど出回っていないという。担当者は「あってもすぐに売れてしまう」と打ち明ける。

球団入場券部によると、今季は8月上旬ごろ、ホームゲームすべてのチケットが売り切れた。対戦相手のファンが陣取るビジターパフォーマンス席も空きがなくなるケースは初めてという。担当者は「25年ぶりの優勝の効果はとてつもない。今季のホームゲームの観客総動員数は過去最多になることは間違いない」と期待を寄せている。(毎日)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL