広島テレビがカープM2で盛り上がる野球中継を9時で打ち切る!

マジック2となった広島カープと、対戦相手の中日ドラゴンズ戦がマツダスタジアムで行われた。9月8日にジャイアンツが負けてカープが勝てば、地元広島でセ・リーグ優勝という展開になったはずだが、これが何と弱小金本阪神のおかげと言うか案の定、巨人に負けて、優勝は明日以降となった。


それより問題なのは、この熱戦を広島テレビが夜9時で放送を打ち切ったのだ。まだ7回裏の広島カープの攻撃で、最も盛り上がっているときだ。地元の広島テレビは野球中継をせずに、散々CMを垂れ流し、結局「秘密のケンミンSHOW」を放送した。

これで、広島のマスコミは、本当の意味でカープとそのファンの事を全く考えていないという事が判明したのだ。



9月8日の広島戦、広島地区驚異の45.8% 瞬間最高は58.5%

広島の優勝が決まる可能性があった9月8日の広島-中日戦(広島テレビ)の広島地区の視聴率が今季最高の45.8%と、驚異的な数字をたたき出したことが9日、分かったという。

マツダスタジアムには開場以来最高の3万2546人が来場、広島の街も地元Vを見届けようと盛り上がっており、注目度は抜群。2016年度(4月4日~)では、広島地区の全ての番組を通じて最高視聴率となり、瞬間最高は放送終了直前の午後8時50分の58.5%だった。(デイリースポーツ)



エルドレッド
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL