全国の工事現場から建設機械など1億3000万円分を盗んだ3人組

工事現場からデジタルカメラを盗んだなどとして逮捕・起訴された3人の男が、全国の100カ所以上の工事現場から建設機械などあわせておよそ1億3000万円分を盗んでいたことがわかり、警察は8月31日、この3人を広島区検察庁に追送致した。調べに対し3人はいずれも容疑を認めているという。

追送致されたのは、広島市中区の無職、河南明宏被告(45)と大阪府摂津市の建設作業員、長田真史被告(47)、それに、大阪府摂津市のとび職、福永竜也被告(45)の3人。

警察によると、3人は愛知県の工事現場の事務所に侵入しデジタルカメラを盗んだなどとして逮捕・起訴され、河南被告は実刑判決を受けている。

警察のその後の調べで、3人は15年10月までの2年半余りの間に、広島県や三重県などにある129カ所の工事現場に侵入し、建設機械などおよそ1万3900点、あわせておよそ1億3070万円分を盗んだことが分かったという。

このため警察は8月31日、3人を窃盗や建造物侵入などの疑いで広島区検察庁に追送致し、捜査を終結した。警察の調べに対し3人は容疑を認めているという。(NHK広島)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL