下松市山陽道自動車道死亡事故で広島のトラック運転手に禁固3年6カ月

山口県下松市の山陽自動車道で5月、母子3人が死亡した多重衝突事故で、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)罪に問われたトラック運転手行広恵子被告(54)の判決が8月31日、山口地裁であった。

芹沢俊明裁判官は「結果は重大で深刻。被告の過失は重い」と述べ、禁錮3年6月(求刑禁錮4年6月)を言い渡した。



芹沢裁判官は、行広被告が運転中に足元のペットボトルを拾うため体を傾け、前方の停止車両を注視していなかったと指摘。「基本的な注意義務を怠った」と批判した。

判決によると、行広被告は5月3日夜、山陽道下り線を時速約90キロで走行中、ペットボトルを拾うのに気を取られ、ブレーキを踏まずに渋滞の車列に追突。家族5人で乗用車に乗っていた山口市の中井麻美さん=当時(37)=と息子の秀悟さん=同(13)=、娘の麻穏さん=同(9)=を死なせたほか、7人に重軽傷を負わせた。(時事)


山口山陽道多重事故は死者3人、広島ナンバー車も犠牲、追突したトラック運転手は広島の女

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL