北方領土に関心がない広島で大会を開いても無駄

8月25日、北方領土の返還を訴える広島県民大会が、広島市中区の県民文化センターであったという。独立行政法人北方領土問題対策協会(東京)の今夏の現地視察に参加した、広島県内の学生たち5人が体験を報告。早期返還に向けて運動を力強く進める大会宣言を採択した。

大会には約310人が参加した。択捉、国後の両島に上陸した広島大法学部2年の福原潤さん(20)は、ロシア政府によって空港や道路、公共施設の整備が進んでいる現状を報告。北海道根室市で元色丹島民の男性から旧ソ連軍侵攻の体験談を聞いた落合中3年林沙耶さん(14)は「何の罪もないのに故郷を奪われた思いは、広島の被爆者にも通じると思う」と振り返った。

大会は、県議会など県内38団体で構成する北方領土返還要求運動県民会議(会長・宇田伸県議会議長)の主催。若い世代が参加しやすいよう、初めて夏休みの時期に合わせて開いたという。 (中国)




やる気のない看板

北方領土看板 広島市
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL