連続ひったくり犯人32歳の派遣社員を逮捕

8月23日の未明に、広島市中区で自転車に乗った女性が小型バイクに乗った男にバッグをひったくられた事件で、警察は32歳の派遣社員の男を窃盗の疑いで逮捕した。逮捕されたのは広島市安佐南区長束西の派遣社員、山口大輔容疑者(32)。

警察によると、山口容疑者は8月23日の午前0時半すぎ、広島市中区基町の旧広島市民球場跡地の近くの歩道で、自転車で帰宅途中の23歳の女性に後ろから小型バイクで近づいてバッグをひったくったとして窃盗の疑いが持たれている。

警察が被害者が目撃したバイクのナンバーなどをもとに捜査を進めた結果、バイクの所有者が山口容疑者とわかり、8月26日、広島市中区の路上で見つけて逮捕した。「金に困って盗んだ」と供述し、容疑を認めているという。

広島市内では8月21日から23日までの3日間に、同様の手口のひったくりが未遂事件も含めて他に7件相次いでいる。山口容疑者は、他にもひったくりをしたことをほのめかす供述をしているということで、警察は関連について捜査している。(NHK広島)



ひったくり山口容疑者
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL