掃海艇「みやじま」けん引の作業艇が沈没

8月24日朝、尾道市因島土生町の造船所の沖合いで、海上自衛隊の掃海艇『みやじま』を牽引していた船が沈没した。尾道海上保安部によると、24日午前8時50分ごろ、尾道市因島土生町の造船所『ジャパンマリンユナイテッド・因島工場』の沖合いおよそ25メートルの海上で、海上自衛隊呉基地所属の掃海艇『みやじま』をロープで牽引していた作業艇が転覆し沈没する事故があった。作業艇には造船所の社員2人が乗っていたが、自力で岸に泳ぎ着き無事だったという。掃海艇『みやじま』は造船所のドックで検査を終え、呉基地に戻るため沖合いに向かう途中だった。当時、天候は晴れていて波も穏やかだったということで、尾道海上保安部は造船所のクレーンで沈没した船を引き上げ、転覆に至った原因を詳しく調べている。(TSS)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

http://www.valras-plage.net/xl-trigger/
掃海艇「みやじま」けん引の作業艇が沈没|広島スタイル~時事・犯罪・事件・事故・問題
2016年12月01日(Thu) 12:42