広島被災10地域で人口976人減少

災害関連死を含め77人が犠牲になった2014年8月の広島市の土砂災害から20日で2年となった。被災地では砂防ダムが完成し、復興が進んでいるが人口の減少が続いているという。安佐南区八木3丁目や安佐北区可部東6丁目など犠牲者が出た計10地域では、災害前と比べて計976人減った。

10地域の内、最も人口が減少したのが八木3丁目で2014年7月末の人口が2443人だったが、2016年7月末では1923人になり、520人の減少となった。

避難や転出、広域避難路の整備に伴う立ち退きが主な原因とみられる。立ち退きは今後も続くため、人口減がさらに進む可能性がある。

10地域とは、
安佐南区八木3、4、8丁目
安佐南区緑井7、8丁目
安佐南区山本8丁目
安佐北区可部東2、6丁目
安佐北区三入南2丁目
安佐北区可部町桐原(とげ)

(中国)



広島土砂災害から2年


広島市安佐南区 土砂災害砂防ダム
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL