余罪100件!福山の泥棒を送検

窓ガラスを割って住宅に侵入し、バッグや腕時計を盗んだ疑いで、福山市のトラック運転手の男が送検された。余罪は100件近くに上るという。広島地方検察庁に身柄を送られたのは福山市のトラック運転手・神田保彦容疑者(51)。調べによると、神田容疑者は8月3日、安芸郡坂町と広島市安芸区の住宅に侵入し、バッグや腕時計などあわせて9点を盗んだ疑い。県内では去年10月から、住宅1階の窓ガラスを割って侵入する手口の被害が相次いでいて、築年数の浅い一戸建ての住宅ばかりが狙われていた。調べに対し、神田容疑者は「何も話したくない」と供述しているが、警察は余罪が県内だけで100件近くにのぼるとみて捜査している。(TSS)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL