海田の元自衛官が岡山で少女8人とわいせつ行為、懲役8年6カ月の判決

岡山県内で当時11~17歳の少女8人にみだらな行為をしたとして、強姦や児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)などの罪に問われた無職、原真輔被告(40)=岡山市=に、岡山地裁は8月2日、懲役8年6月(求刑懲役9年6月)の判決を言い渡した。江見健一裁判長は判決理由で「若年の被害女性の人格を何ら尊重することなく、性的欲求のはけ口にした卑劣な犯行で、刑事責任は重大だ」と指摘した。

判決などによると、平成26年8月~27年5月、インターネットの交流サイトで知り合った小学生から高校生の少女8人とホテルや自宅でみだらな行為をしたり、裸の動画を撮影したりした。抵抗した少女の頬を数回殴るなどして乱暴した。原被告は即応予備自衛官として、広島県海田町の海田市駐屯地の第47普通科連隊に所属。今年3月に依願退職した。(産経)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL