呉の「ポケストップ」で飲酒運転の男を逮捕

7月29日、酒に酔った状態で車を運転したとして呉市に住む56歳の男が逮捕された。男の呼気からは基準値を3倍以上超えるアルコールが検出され、警察の調べに対し「スマートフォン向けのゲームアプリ『ポケモンGO』をしようと運転した」と供述しているという。

逮捕されたのは、呉市広の、下向井隆容疑者(56)。警察によると、下向井容疑者は29日午後8時半前、自宅近くの市道で酒に酔った状態で軽乗用車を運転したとして道路交通法違反の疑いが持たれている。

下向井容疑者は市道の脇にある自動販売機に接触したあと、そのまま体育館の駐車場へ入っていったことから、目撃していた女性が警察に通報したということで呼気からは基準を3倍以上超える1リットルあたり0.5ミリグラムのアルコールが検出されたという。

調べに対し容疑を認めた上で「ポケモンGOのモンスターを入手しようと思った」と供述しているという。警察によると体育館の周辺は「ポケストップ」と呼ばれる、「ポケモンGO」のアイテムを入手できる地点になっているということで警察は詳しいいきさつを調べることにしている。(NHK広島)



呉市 ポケモンGO
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL