広島で「ポケモンGO」というバカ遊びで早くも6人の間抜けが事故アンド検挙

7月23日広島市で、スマートフォンのゲームアプリ「ポケモンGO」をしようと原付バイクを運転中にスマートフォンを取り出した大学生が、乗用車に追突する事故があった。県内ではこのほかにも、ポケモンGOをしながら車を運転していたドライバー5人が検挙された。

警察によると23日午後6時ごろ、広島市佐伯区隅の浜の市道で21歳の男子大学生が運転するミニバイクが、信号待ちの乗用車に追突する事故があった。この事故でけが人はいなかったが、警察の調べに対し、大学生は「ポケモンGOをしようとポケットからスマートフォンを取り出していて追突した」と話しているという。

また、県内ではこのほかに、スマートフォンの画面を見ながら車を運転していたとして、22日から25日までに18歳から27歳の男女あわせて5人のドライバーが検挙され、いずれも「ポケモンGOをしていた」と話しているという。警察は、運転中のスマートフォンの操作は重大な事故につながるので絶対にしないよう呼びかけている。(NHK広島)



ポケモンGO
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL