横柄な東京都職員・都議の改革ができるのは小池百合子氏だけか

東京都知事選が始まり、7月31日の投開票を前に、広島県と約12キロメートルしか接していない鳥取県選出の自民党・石破茂地方創生担当相の腰が重い。2012年9月の自民党総裁選で石破氏を支援していた小池百合子氏が先陣を切って都知事選に立候補したが、肝心の石破氏が出て来ない。小池氏の応援に出て来ない。それとも出て来れない理由でもあるのだろうか。それとも太りすぎで身動きがとれないのだろうか。こんな態度では、鳥取の大山が爆発してしまう。


以前の話だが、友だち言葉で応対する東京都庁職員の横柄な態度に苛立ちを覚えていたが、この腐った職員や引退して再雇用した横柄な老害どもを窓口対応させた都職員と都議会を改革してくれるのは、小池百合子氏しかいない。


小池氏が言った「都知事に選ばれたら、まず冒頭解散」を行い、「ブラックボックス」と化した都議会の改革、そして「利権」の都議会の追及、さらにその筋と関係があると囁かれる都議会のドンと呼ばれる吉田氏どもを一掃させることが出来れば、健全な都政をつくれるかもしれない。
関連記事

Comment

No title
編集
わたし ウエイトリフティング協会の会長をしてるんですねぇ
ですから 選手の皆さんは 頑張っているんです。

なにぃ~っ!!!
(ですから 頑張っているだとぉ~?!!!)
おい 小池   おまえ 何様のつもりだぁ~!!!
2016年08月22日(Mon) 14:43












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL