広島選挙区で大阪で維新を起こすと言われても おおさか維新の会が党名変更

7月12日、おおさか維新の会は大阪市内の党本部で常任役員会を開き、党名を変更する方針を決定した。ただし、この日は党名は決めず、8月23日に開く臨時党大会で決定することにしたという。松井一郎代表(大阪府知事)は参院選投開票日の10日夜、党名変更を検討する考えを示した。

12日の常任役員会では「全国の地方議員の意見も聞いて決めるべきだ」という意見が出たため、東京、兵庫、奈良、沖縄などにある支部から党名を募集し、臨時党大会で決定する手順を確認した。

おおさか維新は参院選の大阪、兵庫の両選挙区で3議席を獲得し強さを見せたが、全国的な広がりには欠けた。松井氏は12日、記者団に「これ以上やると、大阪という地名にこだわっていると全国でとらえられる。懐が狭いと思われる」と釈明。「おおさか」という地名を外す考えを示すと同時に「『維新の会』のところを変えたい人はいない」と述べた。

党幹部の間では、橋下徹前代表が2012年に結党した「日本維新の会」の名を使う案が有力という。

一方、今回の参院選比例区で当選した元みんなの党代表の渡辺喜美氏は、12日付でおおさか維新の副代表に就任した。松井氏は「代表の自分が国会議員ではないので、サポートしてもらいたい」と説明した。(朝日)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL