オバマ大統領来日の前日にテロ予告した広島の建設作業員

2016年5月にアメリカのオバマ大統領が広島を訪問した前日、「オバマが来るのでテロを起こす」などとインターネット上に書き込んだとして広島市の18歳の少年が書類送検された。偽計業務妨害の疑いで書類送検されたのは広島市西区の18歳の建設作業員の少年。

警察によると少年は5月26日の夜、スマートフォンを使ってインターネット上に「明日オバマが来るので飛行場辺りでテロを起こします。バズーカぶち込んだりします」などと書き込み、大勢の警察官に広島ヘリポートと周辺の捜索活動をさせるなどして業務を妨害した疑いがもたれている。

警察は前後の書き込みなどから少年を特定した。少年は「冗談半分でやった。こんなに大事になるとは思わなかった」と容疑を認めているという。(RCC)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL