ふるさと納税返礼品に「被爆者証言DVD」納税者嬉しい悲鳴!?

広島市は核兵器のない世界を願う思いを全国の人たちと共有したいとして、7月7日から、ふるさと納税への返礼品として、被爆者の証言を収録したDVDなどを贈る取り組みを始めるという。

広島市が新たに返礼品とするのは、被爆証言のDVDや原爆資料館の所蔵品の図録、それに原爆の子の像にささげられた折り鶴を再生して作った葉書など、あわせて5点。

広島市では、多くの自治体がふるさと納税の返礼品として地元の特産品などを贈る中、オバマ大統領の訪問をきっかけに、核兵器のない世界を願う思いをさらに広げていこうとこれらの品物を返礼品に加えることを決めた。

対象となるのは、平和関連の事業に使途を指定して寄付をした人で1万円以上5万円未満であれば5点のうち1点を、5万円以上であれば5点すべてが贈られるという。

この取り組みについて松井市長は、「ふるさと納税は地域の思いや考え方に共鳴して寄付をしてもらうものなので制度の趣旨にも沿っている。あらゆる機会通じて被爆の実相を『伝える』取り組みを進めていきたい」と話しているという。(NHK広島)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL