森喜朗会長「日の丸・君が代」 国旗・国歌斉唱強制で左翼が発狂・爆発寸前か!?

「国歌を歌えないような選手は日本の代表ではない」。東京・代々木の体育館で7月3日にあったリオデジャネイロ五輪の代表選手団の壮行会で、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が来賓のあいさつでそう述べた。

壇上には選手ら約300人が登壇。森会長は直前の国歌斉唱の様子を振り返って「どうしてみんなそろって国歌を歌わないのでしょうか」と問いかけ、サッカー女子の澤穂希さんや、ラグビーの五郎丸歩選手が君が代を歌い、その様子を見て国民が感動した、と述べた。「口をモゴモゴしているだけじゃなくて、声を大きく上げ、表彰台に立ったら、国歌を歌ってください」と選手団に呼びかけた。(朝日)



「国歌斉唱」が直前に「独唱」に変更された

7月3日のリオデジャネイロ五輪日本選手団壮行会で、あいさつした2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が「どうしてみんなそろって国家を歌わないんでしょうか。国家も歌えないような選手は日本の選手ではない」と発言し、さまざまな受け止めがあったという。

事前配布資料に記載された「国家斉唱」が、直前に陸上自衛隊の代表者による「独唱」に変更されたことも事態を混乱させた。

場内のスクリーンやアナウンスで「独唱」と紹介されたため、式典に出席した選手からは「独唱と分かっていたから、歌わなかった」と唐突な苦言に戸惑う声があった。

一方で、日本選手団の高田裕司総監督は「選手団はモニターに背を向けた状態で、アナウンスも聞こえなかった。私自信は国家斉唱と思った」と語った。

「斉唱だと思って小さい声だけど歌った」と話す選手もいた。

関係者によると、森会長は「国歌斉唱」に強いこだわりがあり、表彰式などで外国選手が国家を歌っているにもかかわらず、日本の選手がそうしないのはみっともないと思っていると説明した。(中国)





森善朗会長
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL