オバマ大統領広島訪問に不満な人たち

アメリカのオバマ大統領の広島訪問の意味を検証するシンポジウムが、広島市内で開かれたという。シンポジウムは、日本ジャーナリスト会議広島支部が開いた。大学の研究者や弁護士平和運動家などがパネリストとなり、オバマ大統領の広島訪問を検証した。

核廃絶を求める国際NGOの川崎哲さんは、「広島で被爆者と向き合ったことは評価できるが、演説は核兵器を使うことが非人道的で国際法上の犯罪に当たる事を認めず逃げたものだ」と指摘した。

また、平和運動家の森滝春子さんは、「大統領の訪問に向けて、『被爆者は謝罪を求めていない』という世論が作られていき、広島が日米同盟強化の舞台に利用され慙愧に堪えない」と話した。

パネリストからは、「もっと被爆の実相について見てもらい、核兵器の非人道性を身を持って感じて欲しかった」などの意見が相次いだという。(RCC)



オバマ氏の広島訪問「不十分」 被団協、再訪求める方針

8月に結成60年を迎える被爆者唯一の全国組織「日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)」が6月15日と16日、都内で定期総会を開いた。総会には全国から約100人が参加。米国のオバマ大統領の広島訪問は不十分として、再訪を求める方針という。

16日に採択した決議は、オバマ氏の広島での演説について「『空から死が降ってきた』と、自然現象のような言葉で、アメリカの責任を回避する表現だった。大統領としての責任は一切語らなかった」と批判。「アメリカの投下に対する謝罪の証しとして、核兵器廃絶への責任と行動を一層深く求める」とした。

田中熙巳・事務局長(84)は総会後の会見で、「オバマ氏の資料館見学や被爆者との会話は短時間で、人間が変わるような内容ではなかった。改めて来てほしい」と語った。(朝日)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL