広島の45歳3容疑者を暴行傷害で逮捕

海田署は6月24日までに、海田町昭和中町、工員荷宮泰一(45)、広島市安芸区船越南3丁目、飲食店経営古本栄太(45)、府中町鹿籠1丁目、飲食店従業員山根真吾(45)の3容疑者を傷害の疑いで逮捕した。調べでは3人は共謀し、1月15日午前0時半ごろ、海田町窪町の路上で、呉市の自演業男性(35)の顏などを殴ったり蹴ったりして目に2週間のけがを負わせた疑い。現場近くの居酒屋で飲食中、荷宮容疑者が別席にいた顔見知りの男性に言い掛かりをつけ、店外に連れ出し、他の2容疑者とともに暴行した。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL