JR山陽線が土砂に乗り上げ脱線

6月23日午前0時35分ごろ、JR山陽線の瀬野(広島市安芸区)―八本松(広島県東広島市)駅間で、岩国発白市行きの上り普通電車が走行中、土砂に乗り上げて先頭車両が脱線した。JR西日本広島支社によると、けが人は確認されていないが、乗客124人が2時間以上、列車内に取り残された。

同支社の発表によると、運転士が線路内に流入する土砂に気づき、非常ブレーキをかけたが間に合わず、土砂に乗り上げたという。列車内に取り残された乗客は、JR西が用意したバスに乗り換え、同午前3時前に降車予定の駅へと向かった。

乗客の会社員男性(50)は「急に『ガタガタ』と大きな音がして止まった。乗っていた2両目のガラスが割れて驚いた」と疲れた表情。別の会社員男性(24)は「地震みたいな感じで揺れた。その後10秒くらいたって停止したが何が起こったかわからなかった」と話した。

広島地方気象台によると、広島県内では断続的に雨が降り続いており、23日午前0時50分までの24時間の降水量は広島市内で92.5ミリを記録しているほか、市内各地で避難勧告・避難指示が発令されていた。(朝日)



JR山陽本線脱線
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL