無許可で診療台を販売したリサイクルショップ社長

歯科用の診察台を許可なく販売した疑いで会社役員の男が逮捕された。リサイクルショップ社長、田崎勝彦容疑者(42)は歯科で使う診察台3台・約77万円を県または広島市の許可なくインターネットで販売した疑いで逮捕された。インターネットで医療機器を販売するときは県または市の許可が必要だという。警察によると無許可販売された診察台は廃業した歯科医院から買い取っていたという。警察の調べに対し「販売したことは間違いないが許可がいるとは知らなかった」と容疑を一部否認している。田崎容疑者の会社などからは医療機器や掛け軸など191点が押収されていて、警察は営利目的で販売していたとみて余罪などを調べている。(HOME)


リサイクルショップ
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL