広島市民が島根でクマに襲われ指を切断

6月15日朝、島根県浜田市の河川敷で釣りをしていた広島市の63歳の男性がクマに襲われ顔などにケガをした。男性を襲ったクマは見つかっておらず警察などが付近を巡回して注意を呼びかけている。

15日午前8時ごろ、浜田市を流れる八戸川の河川敷で「男性がクマに襲われた」と近くの漁協の職員から消防に通報があった。警察によるとクマに襲われたのは、広島市安佐北区の63歳の男性で、顔や手にけがをして三次市の病院にドクターヘリで搬送されたが、命に別状はないという。男性は友人と2人で川釣りをしていて、友人は、100メートルほど離れた場所にいたため無事だったという。

友人の男性はクマは体長が1メートル50センチほどだったと言い、「釣りをしていたら仲間が痛そうに手を押さえて小走りで逃げて来ました。ここには月に5回くらい来ているがクマが出たのは初めてで非常に驚いています」と話していた。

現場は浜田自動車道の旭インターチェンジから東におよそ6キロの山あいの地域。男性を襲ったクマはこれまでのところ見つかっていないということで、警察や市などが付近をパトロールするとともに住民に注意を呼びかけている。(NHK広島)



島根県浜田市 クマ
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL