採用した呉の消防士が明石市で下着ドロしていた

6月6日、女性の下着を盗んだとして兵庫県警明石署は呉市阿賀北6丁目、市消防局東消防署の消防士大亀智也容疑者(22)を窃盗の疑いで逮捕した。明石署の調べでは、2014年10月24日午前6時半ごろから午後5時半までの間に、明石市内の女性(23)宅のベランダに干してあった下着2点を盗んだ疑い。明石署によると、大亀容疑者は当時、明石市に住んでいたという。

15年9月16日、同市内の駅の階段で女性のスカート内にカメラを差し入れて撮影したとして、兵庫県迷惑防止条例違反(盗撮)の罪で16年3月22日に罰金刑を受けていたという。14年と15年の事件で採取された指紋が一致したため発覚した。

呉市消防局によると、大亀容疑者は16年4月に採用された。市消防局は06年の消防士不正採用事件を受け、採用方法について改善してきた。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL