広島県税事務所元職員の贈収賄に有罪判決

納税者の情報を漏らした見返りに現金を受け取ったなどとして収賄などの罪に問われた広島県の税務事務所の元職員に対し広島地方裁判所は「個人情報を容易に入手できる立場を悪用し国民の信頼を損なう悪質な犯行だ」などと指摘し執行猶予のついた有罪判決を言い渡した。

広島県東部県税事務所の元職員、川崎彰夫被告(47)は15年8月までのおよそ10カ月間に、納税者で車の使用者10人の名前や住所などの情報を尾道市の探偵会社元社長、南康公被告(43)に漏らした見返りに現金9万4000円あまりを受け取ったなどとして収賄などの罪に問われた。

裁判で2人はいずれも起訴内容を認め、検察は川崎被告に懲役2年6カ月、南被告に懲役1年6カ月を求刑していた。6月3日の判決で広島地方裁判所の小川賢司裁判長は「個人情報を容易に入手できる立場を悪用し公正さが強く要求される徴税業務に対する国民の信頼を損なう悪質な犯行だ。小遣いかせぎにもなるなどという安易な考えから一連の犯行に及んでいて厳しい非難を免れない」と指摘した。一方で「2人は反省し川崎被告は懲戒免職処分を受けている」などとして川崎被告に懲役2年6カ月、執行猶予4年、南被告に懲役1年6カ月、執行猶予3年を言い渡した。(NHK広島)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL