広島県安浦町の教師が教え子の小学校6年生女子を絞殺(1990年)

1990年3月26日 広島県豊田郡安浦町の小学校の教師(38)が、6年生女子を自宅から車で連れ出し絞殺した。1989年9月からこの生徒に猥褻行為を繰り返しており、他の生徒がえこひいきを非難するため、猥褻行為最中の声を録音したテープを持っていたため、教育委員会に追及されて1990年3月24日に辞表を出していた。「殺したほうが生徒が世間の中傷を受けて悩まなくて済むと思った」と自供。妻と2人の子供がいる。広島地裁で懲役13年が確定している。県と町は2千3百4万円の損害賠償判決。


【ワイセツ行為を繰り返したハレンチとヒイキ教師】
「私は音楽という科目だけは、苦手科目」「こんな私に楽器をいろいろと教えて下さったのは河内先生でした」「私が音楽好きになったのは、担任の河内先生が好きだったからだと、思いました」と、3月23日、町立安登小学校を卒業した川畑宏美さん(12)は、卒業文集の中でこう書いている。

だが、3月26日、彼女は絞殺死体となって発見された。犯人は宏美さんが慕っていた担任の河内武志教諭(38)だった。河内容疑者が安登小学校に赴任したのは昭和62年。それ以来、彼は3年間、宏美さんの小4から小6の担任だった。そして「やる気満々の熱血先生」として、学校、PTAの受けも良かったという。

しかし、生徒たちの間では次第に評判が悪くなるのである。「突然怒りだす、怖い先生」「女の子にはかなり優しい。ひいきばかりする」など。その女生徒に優しい河内容疑者が特に目をかけていたのが、宏美さんだった。「宏美ちゃんが休むと機嫌が悪くなる」と児童から言われるほどだった。

宏美さんは、背が高い可愛い少女で、学級委員を務めスポーツも得意というクラスの人気者だった。その彼女に河内容疑者はタダならぬ思いを寄せていたのである。昨年(1989年)9月頃から、河内容疑者が宏美さんにワイセツ行為を繰り返しているとう噂が広まった。この噂が広島県教育委員会に伝わったのが3月22日。翌23日の卒業式の当日、安浦町教育委員会はやっと河内容疑者から事情聴取をした。

彼は、「数回、胸に触ったりキスしたりした」と自分のハレンチ行為を認めた。このため町教委は、河内容疑者に翌日からの自宅謹慎を言い渡した。しかし26日、彼はワゴン車で宏美ちゃんの家に乗りつけ、彼女を連れ出すと、無残にも車の中で首を絞めて殺したのである。

「イタズラがバレたので彼女を殺し自分も死のうと思った」(河内容疑者の供述)

渡辺恒久校長は、宏美さんの両親に河内容疑者の悪癖を何も話していなかった。「学校からは何の連絡もなかった。事件当日の朝、宏美から勤め先に『河内先生に呼び出されている』という電話が何度かかかってきた。そんな先生だと知っていれば・・」と、母親のせい子さん(39)は怒りを通り越して半ば放心状態だ。校長は「本当に申し訳ありません」と、ただ頭を下げるばかり。一方、町教委の山根昭三教育長も、「何度か校長が連絡したがお留守だった」と、言い訳めいたことを言っていた。(FRIDAY)


安登小学校


安登小学校6年生 川畑さん 
川畑さん


安登小学校教諭 河内容疑者
河内容疑者
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL