核弾頭250発を持つ中国が「南京を忘れるな!」

5月27日、中国の王毅(ワンイー)外相は記者団に対し、「広島は注目を払うに値するが、南京は更に忘れるべきではない」と述べた。旧日本軍によるいわゆる「南京事件」を指す発言とみられ、日本が「戦争加害者」であることを改めて印象づける狙いがあるようだ。王氏は「被害者は同情に値するが、加害者は永遠に自分の責任を回避することはできない」とも述べた。

中国は、今回の訪問によって日米同盟が一層強まることへの警戒感も抱いている。北京大学国際戦略研究院の于鉄軍准教授は「中国には、安保関連法の整備や日米防衛協力の指針の改定などが中国を狙ったものではないかとの懸念がある。今回の訪問はこうした日米同盟強化の過程における重要なポイントになるだろう」と指摘した。(読売)



王 外相

関連記事

Comment

No title
編集
いやそれより当の広島が核弾頭250発を持ってい兼ねないからな
2016年05月30日(Mon) 14:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL