【要注意】韓国人被爆者がオバマ大統領来日に合わせ広島へ乗り込む予定

中央日報によると、韓国人原爆被害者がオバマ米大統領の日程に合わせて広島を訪問し、日本・米国政府に謝罪と補償を要求することにしたという。 韓国原爆被害者協会は5月12日、陜川(ハプチョン)支部で理事会を開き、オバマ大統領が広島を訪問する5月27日に日本に代表団を送ることにしたと明らかにした。今回の訪問団には協会の陜川・ソウル・大邱(テグ)・釜山(プサン)・慶南(キョンナム)5支部から各1人以上ずつ参加するという。

訪問団はオバマ大統領に韓国人原爆被害者の立場を表した決議文を伝えるという。また、広島にある韓国人原爆犠牲者慰霊碑にオバマ大統領が献花することを要求する計画だという。

陜川支部の関係者は「韓国には約2500人の原爆被害者がいるが、70年が過ぎてもいかなる謝罪と補償を受けることができなかった」とし、「今回のオバマ大統領の訪問の時、代表団が韓国人被害者の実情を伝え、必ず謝罪と補償を受ける」と述べた。




何をしでかすか分からない韓国人。まさか広島でこんなことをするつもりなんだろうか。


韓国1

韓国2

韓国3

韓国4

韓国5

韓国6


関連記事

Comment

No title
編集
やってみてごらんなさい、被爆者支援の戦後世代の韓国人ども。
もし襲おうものならSSのマグナムとコルトとマシンガンが一網打尽にします。
そんなに非核の平和が嫌なら核爆弾を体内に仕込んでやりに来なさい。
モンゴル種じゃない黄色は数百発の核ミサイルで死滅させます。H2Bを待ってなさい。
2016年05月27日(Fri) 21:02












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL